「今日の一言」

2014/06/14

2014 勉強会を終えて(6)

21.賢ちゃん

賢ちゃんが小さかった頃、お母さんは、賢ちゃんがバッハのAモールまで弾ければよい、、と思っていたそうですが、コツコツやっているうちにモーツァルトを勉強するまでに成長しました。お兄さんのレッスンを待っている間も一生懸命勉強していました。昔、勉強は苦手、、と言っていましたが、これだけ努力することが出来るのは素晴らしい能力です。ヴァイオリンも、昔は「やらされていた」感じだったのが、今は受験中もレッスンを休むことなく頑張っていました。お兄さん達が音楽をやっている環境もあるかもしれないけれど、賢ちゃんはヴァイオリンをすることで能力が育ったのだと思います。お母さん、頑張りました。

22.恵理那さん

とても真面目で静かなお嬢さんです。ヴァイオリンを始めたのは遅い時期だったけれど、コツコツ頑張ってきました。今までの演奏は、その性格通り、静かで淡々としたものでした。それを何とか打ち破りたい、、と思って決めた今年の演奏曲、シャコンヌ。今までとは別人のように表現の幅が広がった気がします。例年ピアノを弾いて下さったお父様も今年はお忙しいということで樋口先生にお願いしました。どんな音を出したいか、どういう風に音楽を作りたいのか、、それが音楽の醍醐味だよ。

23.めぐみちゃん

勉強会で弾く曲は比較的長い期間練習します。元々、モーツァルトのロンドを弾くつもりで、それを長く練習していました。そして立派になってきました。一つの曲を長く練習できることは能力が育ってきた、道筋が見えてきた、、ということです。ロンドの前のコンチェルトも長く弾いていたから、それも力になったのだと思います。あるレッスンの日、ふと「クライスラーにしようか、、」「はい!」とてもやる気があったので練習も前向きで本番も良かったと思います。練習は量ではないんだな~と思います(量の必要な時期もありますが)。忙しくなっても練習の時間を見つけ、ひとつのことを徐々に上を目指すように、、それは人生の目的のような気がします。

カテゴリー:
「今日の一言」一覧へ戻る

▲ページの先頭へ戻る

ホーム

> 2014 勉強会を終えて(6)

イベント予定

2019年12月22日

クリスマス会
10:00(葛飾公民館講堂)

2020年7月31日(金)〜8月3日(月)

夏期学校(松本)

2020年8月23日

千葉ジュニアストリングス第21回定期演奏会

今日の一言

今日の一言を作りました。
日々思ったことをつぶやきます。